女性ホルモン減少と更年期

閉経を迎える時期は早い人と遅い人では10年以上の開きがありますそのために更年期の症状が出てくる時期にも人により異なりいずれも40だいから50代にかけて家庭でも職場でもさまざまな問題や変化が起こりますこれまで手のかかっていた子供が進学や就職で家を出てしまうとこころに穴が開き不安に陥りうつ状態になる人もいます反対に子供がひきこもりになったり仕事をせずにニートと呼ばれる状態になって心理的経済的にも大きな不安を抱える人もいますまたこの時期夫との価値観の違いに悩んで夫婦関係がうまくいかなくなるひと定年で自分の時間を自由に使えなくストレスがたまる人もいますまた夫や自分自身の職場のリストラなどの問題パートなどの再就職に出て職場の人間関係に悩む人もいますこうした外からの押し寄せるさまざまな問題に加えて更年期にはさまざまなこころの問題が表れますこころはまだ若いのに身体はすでに下降線といったこころとからだのギャップに戸惑いこの仕事をやるのはよいのかこの人と結婚してよかったのだろうかといったこころの葛藤もあらわれます更年期に現れる症状の背景にはストレスがあります日常的にストレスが小さい大きいと使い方をしますがストレスが大きくてもストレスにうまく対処することができば大きな問題もなくやりすごすことができます逆に小さなストレスでもそれに対処することができなければ身体にさまざまな症状がおこります大切なのはストレスに飲み込まれないことですストレスが増大する更年期はストレスを上手にコントロールしていくことが大事ですまた同じ更年期世代の友人など話せる友人がいることはこの時期は大きな心の支えになりますつらいことを言葉に出して話すとそれだけで楽になります自分の周囲に気が許せる友人や家族がいないのならば趣味などを活用するのも良いことです

女性ホルモン卵巣の機能低下

更年期のさまざまな不快な症状は卵巣の機能低下により女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少したり分泌が不安定状態になったときにおこりますその急激な変化が体に大きなストレスになります一般にエストロゲン血中濃度が1mg中50ピコグラム以下になると更年期の症状が出やすくなるといわれていますそこで外から飲み薬や張り薬などによりホルモンを補いホルモンの急激な減少に体が無理なくついていけるようにするのがHRTですよく女性の体のライフサイクルは飛行機の離陸と着陸にたとえられますエストロゲンの分泌が変動して減少して着陸時に衝撃を感じるのが更年期ですそこで外からホルモンをおぎなうのが衝撃をやわらげて着陸をスムーズにさせるということですHRTは現在ではもっとも有効な更年期障害更年期症状の治療法として欧米では主流になっていますが日本での普及率は1,5パーセントになりますその背景には更年期の症状は病気ではないので自然にまかせるべきという日本人の独特の価値観副作用が怖いという心配がありますどのような薬でも体によう効果をもたらす作用がありますが必ず副作用をもたらすものです大切なのはHRTの長所と短所を正しく理解して納得して使用することです